© J.A.M建築企画

pagetop

新着情報

洗面所リフォームのポイント


 

洗面所スペースは古い家でも必要最低限の設備は整っていることも多く、

利用の仕方も昔と大きな変化はないことから、

不具合以外でリフォームの候補になることは少ないかもしれません。

今回はそんな洗面所リフォームのポイントについて

お伝えします!!

洗面所リフォームのポイント

洗面所は脱衣所や洗濯室と共用になっていると、湿気がこもりやすなってしまいます。

浴室に換気扇があっても、洗面所に換気扇を付けることは少ないので、

天井や壁がカビやすく、窓があると結露もする環境です。

また、家にある蛇口の中でも、使用頻度が高いので

蛇口の故障や水漏れ、排水管のトラブルも起きやすくなります。

 

蛇口は壊れるものと考えておく

蛇口は10年程度持てば良いとされ、20年持てば十分に役目は果たしています。

最近の洗面台はシステム化されていて、大型の鏡と収納スペース、

シャワーヘッドにコンセント付きが普通ですが、蛇口の単体の交換も可能になっています。

築年数が30年程度までなら、こうした洗面台が使われている可能性も高いでしょう。

ところが、メーカーが必ずしも純正品を供給し続けるとも限らず、

メーカー製の洗面台でも蛇口は他のメーカーから供給を受けている場合があります。

そうなると、専用の蛇口が手に入らず、洗面台ごと交換となるかもしれません。

つまり、リフォームで新しい洗面台を入れるときは、将来蛇口が壊れたときの対応を、

事前に考えておかなくてはならないということです。

蛇口の交換が汎用品で可能かどうかで、修理可能かどうかも決まりますので、

事前に洗面台メーカーに確認しておく必要があります。

 

高さが意外な盲点

洗面台にも高さの設定があって、それによって使い勝手は変わります。

75cm~85cm程度の製品が多く、身長の半分が適していると考えられています。

そうすると、150cm~170cmの身長を想定していることになり、

概ね日本人の平均身長を捉えていますが、家族構成によっても変わってくるでしょう。

家族の身長がバラバラの場合、中間的な数字を選ぶなど、工夫しなければなりません。

高すぎると洗顔時に肘から水が垂れて服や床を濡らし、低すぎると腰に辛くなります。

なお、洗面台の耐用年数を10年としても、その間に子供が伸びる身長を考えれば、

小さい子供に合わせる必要はなく、踏み台の高さを調整してあげれば済む話です。

 

洗面所の収納は侮れない

洗面所は脱衣所や洗濯室と兼用であることが多く、家の中でも実に小物が多い場所です。

タオル類、洗浄剤・洗浄用具、カミソリ類、ドライヤー・ヘアアイロン、

化粧道具などが置かれ、浴室で使う品のストックも置かれます。

洗濯機があれば、必然的に洗剤や柔軟剤なども置かれますし、

多種多様な物を収納しなければならないため、洗面台の収納だけではとても足りません。

上部に棚を設けて収納するのが一般的な対処方法ですが、洗面台横にカウンターがあると、

下部を収納に使える上に、洗面台の使い勝手も良くなるので検討してみましょう。

 

湿気に強い内装を心掛ける

洗面所単体でも湿気は発生しますが、脱衣所兼用や洗濯室兼用になっていることが多いため、

どうしても湿気対策が必要な場所です。

また、壁材・壁紙は、洗顔剤や歯磨き粉等が飛び散ることも踏まえて選択します。

単に壁を工夫しただけでは結露が発生しやすく、特に脱衣所兼用のときは浴槽からも湿気が来るので要注意です。

窓がないことも多いので、通気口や換気扇、除湿機の設置などを考えてみましょう。

エコカラットというタイル状の壁材は、調湿効果やデザイン性から人気ですが、

当然ながら施工費が高くなり、一部では効果が薄いとされるので予算次第です。


大阪市の内装・水回りなどの各種リフォームは株式会社J.A.M建築企画にお任せ下さい。


会社名:株式会社J.A.M建築企画

住所:〒554-0023 大阪市此花区春日出南2-10-8

TEL:06-4804-5522 
FAX : 06-7632-4089

営業時間 :8:00~18:00 定休日:不定休

対応エリア:大阪市を中心に関西一円

業務内容:水回りリフォーム、内装リフォーム、外構・エクステリア、塗装・屋根工事、解体工事